日々のたわごと


by 55hitsuji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

4/18 春ドーム

 ワカサギ釣行の中でも、親子釣行は何よりも大切な行事で他の全ての釣行はこのためだけにあると言って良い。子供らを機嫌良く釣らせるための情報収集と言っても過言ではない。

 「氷上でもドームでも良いから1回はワカサギ釣り行きたい」と子ヒツジ1が言って(くれ)たのであったが、氷上終了までには期を得ず、また高校の行事と重なって平日のドーム釣行はできずにいた。 お仲間同士ドームに集まるときにはいつもいろんな食べ物が飛び交う。この楽しさを子供らに見せてあげたかったので参加させていただく事にした。

 この日のイベントを子どもに吹き込んでおいたら、朝下の子と歩いているときに言われた。
「ワカサギ釣りが楽しみ。チキンラーメン食べられるし、チーズフォンデュもある、ワカサギ釣りも楽しみだし、帰りその釣ったワカサギをレストハウスで天ぷらにして食べるのも楽しみ・・・」
 楽しみにしてくれて素直にうれしかった。

 5時集合ということであったが、子供らを3時台に起こすのも気が引け4時20分出発。まずはお振る舞いのコーヒーのための水を調達に。お茶やコーヒーには地下水より沢水の方が向いていると個人的には思っている。予定では途中にある伊勢清水を汲んでいくはずだったが、あいにくの雨で地下水の青龍水に変更。2Lのペットボトル3個+500ml2個の計7リットルを準備。
 コーヒー豆はある喫茶店のマスターから特別に分けてもらったもの。このマスターが自分で焙煎し豆を丁寧により分けている。用途をお話しし、土曜の仕事終了後に取りに行くことにしていた。(ここのコーヒーを買って職場に置いておくと職場中コーヒーの香りがしてしまう。)
 
 蕎麦の「三たて」と一緒で、コーヒーも挽きたて淹れたてが旨いに決まっている。ヤカン、ガスバーナー、ガス、コーヒーミル、ドリッパー、ポット、フィルター、ペットボトルの水と合わせるとかなりのボリュームだ。これにアウトドア用のイス3脚に、クッションシート2枚、テーブル2個を入れるとスゴイ量。皆さんよりだいぶ遅れてA船に到着し、ドアを開けたら足の踏み場もないほどの混雑に一瞬気が遠くなった。実行委員のご厚意で奥の特等席を用意していただき事なきを得たが、真ん中付近の席では非難囂々だったと思う。

 「釣り大会」より子どもをいかに楽しませるかに腐心した。サンタのおでん、アコワゴ氏のソーセージの定番料理、本ボン氏の練り物ソテーなどを遠慮なく頂戴したあと卵スープ。カリカリの揚げ麺のトッピングが味を引き立てる。更にチーズフォンデュ、チーズ入りパン。(taco氏のお芋は残念ながら回ってこなかった)
d0118146_10495515.jpg



 お腹が落ち着いたところでコーヒーを挽きすぐ淹れる。ドリップは1回3〜4人分まで。ボクのコーヒーミルだと一人分約80回転を要す。3人分まで入るから240回転でこれを3回。下の子が4回目をやってくれた。自宅でもそうだが3人分の豆で多めにお湯を注いでしまう貧乏根性のため、お店で飲むよりやや薄め。お湯も1回ごとに湧かしたから結構手間がかかったのよ。

 そうこうしているうちに釣り時間は終了。この後のことは他ブログに委ねるが、自分が代表ということのプレッシャーは相当のモンでした。

 子ヒツジ1は途中で腹の調子を悪くし、子ヒツジ2も咳や鼻水を出し始めた。結局この日の一番の楽しみにしていたインスタントラーメンは、この後のレストハウスでの食事を考えるとお腹がいっぱいで食べられなかった。

 12時で撤退したが、実行委員の方には楽しい企画や豪華な賞品を用意していただき感謝。

 帰宅途中の車中、子ヒツジ2は具合が悪くなり、ユピアス行きは中止。帰ってからすぐ布団で寝かせた。目を覚ましてから、日記を書くと言ってこの日のことを書き始め、更に罰ゲームのことを母親に話し始めた。55さんのコメントがおかしかったようで、それを母親に伝えているうちに肝腎のどんでん返しのオチのインパクトが薄れてしまったのが残念だった。

 子ヒツジ2は翌日学校を休んだ。
[PR]
by 55hitsuji | 2010-04-18 08:09
 この日、ドーム船である釣り大会が行われたはずであったが、会場のA船を外から見ると、ほんとうに釣り大会だったのか疑う人もあろう。
d0118146_17415825.jpg


 中に入ってみるとまたこの人だ。戸の開け閉めのたびにカエル帽子が動くが起きない。
d0118146_1745314.jpg


 一応釣り大会があり、詳しくは他の方々のブログをご参照いただきたい。誤った報告もあるが優勝したのは我々のチームで(笑)、いただいた景品はなんと牛肉1キロ。
d0118146_1749189.jpg


 さっそく夕飯時にネギや茹でキャベツと一緒に牛しゃぶとして美味しくいただいたが(一番下の皿)まだ2/3残っている。ワカサギは翌日に回った。

 この項はまた続くが、取り急ぎ公式報告はここまで。
[PR]
by 55hitsuji | 2010-04-18 05:39

ドーム顔パス

 4月15日(木)氷上が終了してからほぼ1ヶ月。
久しぶりにワカサギ釣りをすべく4:40自宅出発。もう明るくなっていた。

 5分後、財布を忘れたことに気づいて戻り、結局5:40頃詰め所に着いた。事務所に上がっていくと、あの有名な守り人から言われた。
 
「○○さん(私の名前)、今日は金はいい」

 5年にも満たない岩洞通いだが、ついに私の善行が認められた日が来たかと思いうれしくなった。思えば吸い殻の投げ捨てをブログで取り上げたりしたもんな〜と感慨に浸った。

 黙って感慨に浸っておればいいものをつい聞いてしまうのが私の悪い癖。

 「え、どうしてですか?」


 「昨日の強風で(固定しておく)ロープが切れて、船があっち行ったりこっち行ったりでお客さんに迷惑かけるから、申し訳ねえ」


 ということで、けして顔パスではござらぬ。釣果0匹続出の頃でもお金を徴収していたくらいだから、よほど釣れないのかと思って乗船したが、右に左に船は動く。外を見てると酔いそう。仕掛けはあっち行ったりこっち行ったり、常に釣り穴の枠に接しており、当たりを見分けるどころの話ではなくとても釣りどころではなかった。

 2週間前のあの低釣果の日々でも、しっかり料金は発生していたのに、今日は無料とは申し訳ないような気もしたが、これではやはり無料だろうね。

 「8時になると人が来るからそれから直す」と言っていたから、それまでどうしよう?まずは睡眠か。

 エサ代の130円ぐらいは車の小銭入れに入っていたから(なんだ、家に財布を取りに戻んなくても良かったジャン)などと不届きなことを考えながら、B船にあったクッションを並べ一休み。

 来ると言っていた人というのは女性ね。

d0118146_17181328.jpg

男性の助けも得られぬまま、守り人は一人黙々と作業をするのだった。

 3船の入口デッキに付与されていた追加デッキが損壊していてまずはそれを片付ける。
d0118146_17201759.jpg

旧渡し船に引かれ、監視所岸に運ばれていった。

 この日の客は私を入れたった5名。皆さん正解です。船が安定した8:40待望の1匹目。たった一人ボウズでしたがそれは免れた。3名のグループは11時撤退。私は12時まで居ましたが16匹。一人を残し「ごめんなさい」で退散。

 ニジマス1匹?実がピンクの魚でした。(注:前に釣ったヒメと違って背中に斑点があったので、ヒメではないと思ったが、18日ドームにて識者よりヒメマスとの指摘有り。)
d0118146_17272319.jpg

[PR]
by 55hitsuji | 2010-04-16 17:29