日々のたわごと


by 55hitsuji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 日曜に行く気は起きず、久しぶりの平日休みの17日にドーム船に行ってきました。taco氏と、ドームで釣りをしながらマッタリとコーヒーでも飲もうということで臨みましたが、考えて準備したのは音楽とコーヒーのことばかり。お気に入りの喫茶店から自家焙煎のコーヒーを前日昼に買い、ミル持ち込みで、水は伊勢清水を・・・などと考えていたのですが、サシに触れた手で、19歳の誕生日に友人からもらって以来使い続けている愛用のコーヒーミルに触れる気にはやはりならず、仕事帰りにドリップコーヒーに変更しました。
 ただ今までは、「餅は餅屋」とばかり、某全国チェーンコーヒーブランドのドリップコーヒーにしていましたが、いつもテイクアウトするものとは違い今イチ美味しくなかったのです。で、以前たまたま買った某総合食品業者の「炭火コーヒー」を買ってみたら、これがなかなか良い。冷凍餃子と化学調味料だけの会社ではありませんでした。

 とまれ、そっちばかりに気を取られ、肝心の釣りのテクニックには錆が浮いた状態では好釣果の見込もなく、はたまた途中参加のニーチャンにかる〜くかわされて、泣きながら13:45収竿したのでした。

 家に帰ってリアウィンドウのワイパー部に錆が浮いているのを見つけ、錆はワカサギ釣りばかりではないんだと気づきました。経済困窮の折、自分で修理しようと試みました。電動はさっぱり造れないのですが、修理の方が仕事柄か、苦にならないようでもあります。ヤスリと以前購入してあった、さび止めペイント、タッチペンを使う作戦で擦り始めたら、バカバカ塗装が剥がれてきました。けっこう錆の範囲が広く大変そう。ワイパーブレードごと交換すればいいんじゃないかと気がつき、カー用品店に行こうとしましたが、はて?ワイパーブレードってのはどこから先の部分だったっけ? 錆びているのはワイパーのアーム部。ブレードっていうのはゴムと同じ長さの支えの部分じゃないかという気がしてきたので、当初の予定通り100均3本セットのヤスリを使用することにしました。

 悪いところにゴシゴシとやってしばらくしたら、見回り警察官がやってきました。
 「な、何やってんですか?」
 車の証拠を隠滅しようとしているのかとも思ったらしいのですが、あいにく錆はもう少ない。
「錆を何とかしようと・・・」
「この車の白い点々は何ですか?」
 雪が車の埃の上に付着してすぐ凍り付いてしまったような跡。
 「あぁ・・雪ですね。何処行っていたんですか?」

 錆を落とそうとしていただけで事態は変な方向に・・・
「ガンドーですよ。ワカサギ釣りに行っていたんで・・・」
「ワカサギ釣り???」

 ドームを知らぬのも無理はない。ドーム船の解説もしなくてはならないのかとも思ったのだが、ここで若い巡査は質問を変えてきた。
「ワカサギ釣りって何時頃釣れるんですか?」

「あぁ。今日は5時に行ったんですがさっぱり釣れませんでした。」
「5時???・・・・・・夕方の?」
このやりとりは午後3時半、自宅前にて行われているにも拘わらず、若い巡査はワカサギのことは知らないらしい。
「朝の(5時)だよ。」

「あぁ、そうですか! 自分は学生の頃先輩に連れられて行ったことあるんですが、10時頃行ったのでそれでダメだったんだな〜」
「10時じゃ終わってるね。ワハハ。」
これで優位に立ったような気がして、チャッカリ聞いてみた。

「あ、ところでワイパーブレードってのはどっから先の部分を言うのか知ってますか?」
「いやあ、自分も(警察に)入ったばかりなので良く分からないんです。」

警察では、ワイパーのことを教えてくれるのか知らなかったのですが、若いイケメン巡査は
「寒いですから風邪引かないようにやって下さい。」
と、優しい言葉とともに立ち去って行きました。

10時からじゃ終わっているとは言ったものの、今日は8時に来たベジータ君にかるーくかわされたことを思い出してしまいました。

 釣果は、直木賞ってところですね。

 
[PR]
by 55hitsuji | 2009-12-17 16:49

盛り上がらない・・・

 ドーム船運行も始まり、例年なら何度も繰り出すところなのに、なぜか今年は今イチ足が重い。家族がいささかワカサギ食傷気味で、先日など4人家族で40もあれば満足されるようになってしまった。

 そうなると数を釣りたいと思わなくなってきて、サッサと帰ろうという気が起きてくる。10時に第一関門、そのあとは1時間ごとだ。

 ドームまで歩いていけるようになって、釣り客の足が早まったのも一因。暗く、寒いうちから準備するのも億劫になってしまった。

 これを人は「老化」というのでしょうか?

 子どもも成長し、大学に行くとなると一緒にいられるのももう2年あまりか・・・
そう考えると少しでも一緒にいようという欲求の方が勝ってしまい、釣行は子供が学校に行って遊んでくれない平日のみというのが現状である。

 あ、モチベーションの低下が原因というわけではないが、釣果も低調で1回目16、2回目は40前後と思う。
[PR]
by 55hitsuji | 2009-12-12 08:33