日々のたわごと


by 55hitsuji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

氷上ワカその3 「4:11到着したのだ」の巻

 ボクにとってワカサギ釣り最大の問題はP確保のための早起きである。このためには
1 早起きしなくてはならない
2→早く寝なければならない(いつも8時間半は寝ている)
3→お酒をたくさん飲めば残るかも知れないので余り飲めない。
4→8時半には食べ終わらなければならない。
5→全て翌日の準備をしてからの食事なので、食事時間は30分前後
と、休前日の弛緩した、楽しい時間もそこそこに、小学生より先に布団へ行く羽目になるのだ。
 家族が喜んで食べてくれなくなりモチベーションの下がった今このことがワカサギ釣りを更にユ〜ウツにしているのだ。

 この日は行くかどうか前夜9時頃まで迷っていた。上記の理由でど〜も今期はモチベ〜ションが上がらずしかも前回「沈」。早く帰ったので晩ご飯まで少しヒマになり、とりあえず前回の釣行で破損した道具を直しているうちに少し行きたい気持ちが湧いてきた。たまたま前日ボン氏、Off氏と宴会をやっていて対岸を舞台としているOff氏が日曜行く予定ということをお聞きしていた。Off氏に「いつも何時頃行くのですか?」とお聞きしたら「湖面には5時に降りていく」という。対岸は行ったことがなかった。ここは場所決めの達人ア○△5氏のホームでもあるので、どうも使い慣れない魚探の指導もお願いして、近くでやらせてもらおうかと考え、行くことに決めた。ただし11時頃までにしよう。
 
D尊氏のブログで日曜のP確保の困難さを読んでいた。
>5時(中略)行けども行けども駐車スペース有りません

早く行くことに決めた。
3時起床を決めたがよく寝られず目覚まし前に起き3:30出発。(ワカ釣りに詳しくなってくればだんだん要領も分かり、楽をするものなのだが、どうも出発がだんだん早くなるのが悲しい)
現地到着4:11
目的地路駐ガラガラ。ホントにここで良かったの??
5時15分頃到着したOFF氏と連絡が取れご挨拶。ア○△5氏も到着しているという。この時点でもPは余裕。6時頃から湖面に降りる予定と聞く(!)
4:11に着いていたのだ。6時過ぎとなるとほぼ2時間ここで居ることになる。

5:40 たまらず湖面へ。しかしさっぱり魚探の反応が出ない。結局後続を待つ。Off氏から電話
「ア○△5氏が7人用テントも持ってきているので一緒にどうか?」
「早退なので後片付けできない」
「それは構わん」ということでご一緒させてもらうことになった。
待望のア○△5氏が降りてきた。
d0118146_1147501.jpg

岩手山が見えることに気づいた。
岩手山の山肌だけに朝にが当たり美しい。
もうこんな時間ということでもある。
d0118146_1149121.jpg

「明るくなってからじゃないとダメですよ〜」フムフム。
こちらも幾つか穴を開けるが彼の場合は半端ではない。去年の最後の釣行時に対岸で、またWクラブのオフ会時に小石川で、延々と穴を開けていたことを思い出した。
振動子は違ったが、一緒に同じ魚探を見ると安心できる。
すっかり周囲が明るくなってからも釣り客は訪れる。明るくなってからでないと場所の判定は難しいと言うのであれば、この時間に来るのが時間の有効活用という点で申し分ない。

穴が決定しテントを張り釣りがスタートしたのは7:45であった。hide氏であればそろそろ束越えしている時間だ(汗)

しか〜し
こうやって決めた穴であったが釣れないのだ。

1時間ほどやっても向こう15,6。こっちは6。
「まずいですね。」
「やっちゃいましたかね」
「今日は焦るなあ。こんな事はまず無いんですが・・・」

探索決定、移動、再設営、再開(9:45頃と思う。俺は4:11に着いているのだ)
今度は良い感じであるが、どう考えてもゴールデンタイムを過ぎているような気もする。
d0118146_1234363.jpg


「今日はア○△5に嵌められたって書くんでしょうね?」
「私は滅多に移動はしないんですけどね・・・」

終了予定の11時になったが、どうも今日は釣りをした気がしない。実釣2時間ちょっとだからか?
しかしこの穴は11時になっても魚影が消えない。ア○△5氏は順調に進むがこちらは釣れる方の穴を譲ってもらったにも拘わらずダブルスコア。

hide氏が来て1時間以上ワカ談義。
家から電話が来て「帰ってこないのか?」
スマンもう少しだということで延長させてもらったが、1時半72でギブアップ。完全ダブルスコア以下。早退のため後片付けもせずごめんなさい。でも楽しい時間でガンした。ありがとうございます。たぶんあの時間からでも2束はいったのではないでしょうか?

エジソンは99パーセントの汗と1パーセントの閃きが成功には必要と言った。

ア○△5氏の成功には99個の探索穴と1個の決定穴が必要だった。

ボクが開けた穴は10個にもみたなかったと思うが、この晩は両肩に湿布をして床についた。
[PR]
by 55hitsuji | 2011-02-06 10:42